So-net無料ブログ作成

友情と損得勘定/馮驩に倣って [文学について]

とある人に「冷たい」と言われる。確かにその人にとって、僕が大層冷たい人間であることは間違っていない。基本的に僕は人間関係を損得勘定で考えるので。

ただ、ものの見方には両面があり、ある種の冷たさはある種の暖かさと裏返しである、とも思う。

例えば、フランス人は個人主義であると言われ、取っ付きにくくなかなか友達にはなれないので大変である。ただ、一回友達になってしまうと極めて情の深い人がいるのも事実なのだ。

パトリスは現在フランスで上映予定の太宰治に関するドキュメタリー映画の撮影を手伝っているのだが、空気を読まず好き勝手やって自殺で果てた太宰は、個人主義的性向を持つフランスで結構人気が出るのではないか、と言う。

僕も若い頃は随分太宰が好きで読んだよ、と言うと、「まぁ、トモオキは日本人社会で浮いているところがあるから、その意味で太宰に似ているよね」と言われた。口惜しくはあるが、はずれてはいないだろう。

僕のこの性向は、今まで自分が育ってきた環境の所為もあるが、高校時代に史記を愛読していたことも大きいように思われる。

損得勘定に関して、圧倒的な影響を与えたのは以下に引用する孟嘗君と馮驩の逸話である。

先に斉王が讒言によって孟嘗君をやめさせたとき、食客たちは皆かれのもとを去ってしまった。後に再び復帰したとき、馮驩が迎えたが、まだ屋敷に着かぬうちに、孟嘗君はため息をついて嘆いた、「文は食客が好きでした。客のあつかいには、はばかりながら手落ちはなかった。食客が三千人あったのは、先生もご承知のとおりです。ところが私が宰相を罷免されたと聞くや客たちは皆そむいて去り、誰も私のことを心配してくれなかった。先生のご尽力で現在、もとの位に復帰することができた。食客たちは、どの面さげて私の前に出て来ることができよう。おめおめと来る者がいたら、必ずその顔に唾してやっつけてやろう」と。馮驩は馬の手綱を結んで、おりて一礼した。孟嘗君も車からおりて答礼して言った、「先生、客たちのために謝りなさるのですか」と。馮驩「食客のためではございません。殿の言葉がちがっているからです。そもそもものには必至のなり行き、ことには当然の理ということがあるのをご存知ですか」と。孟嘗君「私は愚かで何の意味がわからぬが」。「生命ある者は必ず死ぬ、それは物事の必至。富貴になれば士が多く集まり、貧賤になれば友がとぼしいのは事の当然です。あの朝がた市場へ出かける人々の様子を見たことはありませんか。夜明けには肩をそばだてて先を争って門口へ入ります。夕暮れにはさっさと市場を通り過ぎて、振り返って見ようともしません。かれらが朝が好きで、暮れがきらいだからというのではありません。夕暮れの市場には欲しい物が何もないからです。さて殿が宰相の位を罷免され、賓客は皆去りました。だからといってかれらを怨み、今後賓客の来る路を絶つ必要もありますまい。何とぞ殿には、客たちをもとのように待遇なさいますようにお願いいたします」と。孟嘗君は再拝した。「つつしんで命に従おう。先生の言葉を伺ったからには、おっしゃる通りにいたそう」と。(「孟嘗君列伝」, 水沢利忠訳, 明治書院, 1993, pp.48-9)


残念なことに『史記』は殆どフランス語訳に訳されていない。パトリス、ジャン=フィリップやフランソワーズがこの一節を読んだら何と言うか、非常に興味がある。

その仏語訳は確実にフランソワーズと共に計画中の比較修辞学研究の重要な一ページとなるだろう。


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 6

yokonozo

面と向かって相手に、
冷たいと言いはなつのも、
ずいぶんはっきりしていると思うのですがwww
たいがいの日本人ってそこまで「言えない・言わない」タイプが多いでしょうから。
by yokonozo (2009-04-06 06:39) 

黒木

yokonozoさま、

その前に、こちらもいろいろ言っているので。

まぁ、僕ははっきり返事をしない人は苦手ですが。

shinさま、ponchiさま、xml_xslさま、

ありがとう御座いました


by 黒木 (2009-04-06 09:33) 

田中洌

フランスのやつらはほんと好きだ。

まず、国賊作家のセリーヌ、こいつがいちばん。ついで、ゾラ、こいつもいちばん。ついで、サルトル、こいつは三番。
ユーゴーもゾラとどっちこっちないのいちばん。
それから、「悲しみよ、こんにちは」の誰だったか?
●その時ふと通りすぎていった私の感情を何と名づけていいか、私は迷う。●
サガンだ。
これは、別口のいちばん。

いや、本当のいちばんは、ソ連のソルジェニーツインだけど。

でも、フランスに行ったら、エッフェル塔の下をコートの襟立てて、しょぼしょぼ歩きたい。
4年も住んでいたなんて!
ええなあ。
ちくしょう!

セーヌ川、一度でいいから、その臭いと汚れ、見てからくたばりたいけど、見れんままゆくか。

見るかも。
嗅ぐかも。
触るかも。

by 田中洌 (2009-04-16 20:51) 

黒木

田中洌さま、

ご来訪ありがとう御座います。

僕が住んでいたのはパリではなくて、南仏のエクサンプロヴァンスという町でした。

とは言っても、パリは首都なので、よく知っていますが。
by 黒木 (2009-04-17 10:30) 

田中洌


叙情詩と小説の一つ二つ読んだ。

誰よりも遠くはるかに明晰だ。
自分なんて、糞さ、と思うようになれば、多分すごいもん書くな。

そう思うようになっても、なかなかぬけ出せんけど……他人のほうが好きになっても、抜け出すのは、なかなかきついけどな。

心が冷たいとか、そんなことどうでもいいから、自分を捨てるような、“行動”に打って出たら。


by 田中洌 (2009-04-17 19:38) 

黒木

ありがとう御座います!
by 黒木 (2009-04-18 07:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。