So-net無料ブログ作成
検索選択

Fest deiz終了/リズムの冒険 [フランス音楽事情(MAGMA、ZAO等を中心に)]

 フランスの西端、ブルターニュ地方の音楽・ダンス祭Fest deizが、熱狂のうちに終わった。本当に楽しかった。

http://flang.keio.ac.jp/fjh/
http://www31.ocn.ne.jp/~naohito/bretondanse/bretondanse.html

 アコーディオン/バンドネオン奏者のフィリップ・オリヴィエは二週間ほど我が家に滞在した。

http://www.melma.com/backnumber_98839_4139113/

www.philippeollivier.com
www.logellou.com
http://logelloop.logellou.com/

 というわけで、彼とはセッションも出来たし、またいろいろと話すことも出来たので、僕としては非常に楽しかったし、学ぶことも多かった。今日はそのうちの一つについて書いてみたい。

 彼がマルト・ヴァサロとやっているバンドBugel Koarは、今回の来日でQuikionという日本のバンドと共演した。で、その合同練習に僕もつき合ってみることにしたのだ。一応、通訳、という口実で。

 Bugel Koarのアルバムに収められている「Comme nous」という曲を練習していた時のこと。ギターでリズムを刻むQuikionの小熊さんに対し、フィリップは「アルペジオとか、そんな複雑なリズムをつけないで欲しい」と言う。そして「この曲はサン・ヴァンサンという街のロンド(輪舞曲)なんだ。この4拍子のリズムにのって人々が踊る。だから、踊りのステップに合わせたリズムが必要なんだよ」と続ける。

 しかし、そう言われたところで簡単にリズムが見つかるわけではない。リズムとはどうしても自分が普段聞いたり演奏したりしているパターンに基づいてしまう。変化を付けると言ったところで、せいぜい些細なヴァリエーションの域を出ることはない。周りの音に体を委ねれば委ねるほど、自分の体に染込んだリズムが表出し、浮き彫りとなる。自分の知らないリズムは決して刻めない。リズムに関して、我々の体は残酷なまでに我々の意志を裏切ってくれるのだ。

 そこで、フィリップは「じゃあ、このロンドを実際にみんなで踊ってみようか。そうすれば、良いリズムが見つかるかも知れない」と申し出てくれた。で、みんなで踊ってみた。確かに、ステップを踏んで踊りながら感じるリズムは、座ってギターを弾いている時に感じるリズムとは明らかに違っている。

 しかし、如何せん、2、3分踊ったくらいでマスター出来るほど容易いものではない。ブルターニュの人々は子供の時から祭の度に幾度ともなく踊りながら人生を歩んで来ているのであり、そのリズムはしっかり体に染込んでいる。そのロンドのリズムは一見単純であるかに見え、というか、逆に単純であるからこそその微妙なニュアンスは体得するのが極めて難しい、ということになる。

 というわけで、僕も何か踊りを覚えよう、と思い立った。とは言うものの、踊り下手な上に、無精者の僕が果たして三日坊主で終わらずに続けられるかどうか甚だ不安である。奇麗な女性などといったような動機付けが是非とも必要!

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

じょひか

なんだなんだ黒木さんも踊りを覚えようとしてたとこだったんですね(笑
良いリズムを見つける為にみんなで踊ってみる!!
なんて奇抜で楽しそうなんでしょう。
リズムに体が慣れてくると、断然踊りが楽しくなりますひゃっほー
ってまだぜんぜんその域には達してませんが、楽しそうに踊る
子供達をちらちらと横目にその予感がしているだけです・・・
私は向いてないとか思いつつ三日坊主は通り過ぎました!
ぜんぜん違う種類の踊りだとは思うけど。

Bugel Koarは、みくしの時のお勧めで見つけて、最後日本にいた時に
よく聴いていました。というか、プレーヤーを占領されっぱなしでした。
ボーカルのマルトさんの声は、人間の声ではないようでした。
お友達だったんですね。CDカバーも絵本のページを開けるような
楽しさというか、快感があって好きでした。・・・宝物的CDです。
さんざん迷った挙句、わざわざ日本においてきてしまったわけですが、
現在後悔中なので父親がまたこちらに来るときにでも持ってきてもらおう
と思います!
というわけで、私もBugel Koarのファンなので楽しく読ませて頂きました。
日本にいたらぜひとも来日ライブに行ってみたかったです。残念!
by じょひか (2008-07-13 21:15) 

黒木

彼ら、来年も来る気まんまんです。

ジェイムズも来る気満々だと、電話があったし。影で暗躍しているのは常にJPです。
by 黒木 (2008-07-13 23:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。